ぺんぎんの時間

pingaのアフィリエイトな日常

*

外注は害虫ではありません。ライターを雇うあなたに知って欲しいこと。

   

あなたは外注さんにどんな記事を求めていますか?

 

アフィリサイトを運営する上で、誰かに記事作成を依頼する機会もあるでしょう。記事を書くだけでなく、記事の投稿や管理、情報収集なども任せていらっしゃるでしょうか。

外注さんと知り合う場所は色々あると思いますが、一番簡単なのが「ランサーズ」や「クラウドワークス」のようなクラウドソーシングを利用することですよね。

そこに集まるライター希望の方々は環境やスキルがバラバラで、いざ仕事を任せてみたら自分の望んでいるレベルの記事が上がらず、「外れを引いてしまった」なんて後悔しちゃうことも… たぶんありますよね(>_<)

 

「ライターの記事なんて」「外注なんて吐いて捨てるほどいる」

実際に私が言われたわけではないけど、そんな言葉を見かけることがあります。あぁ、クライアントはそんな風に思っているのかと、とても残念です。

 

私は2013年10月、初めてクラウドワークスのHPを開き、1600文字150円の長期案件を引き受けました。

ど素人の普通の主婦がどのように初めての案件を選び、クライアントを選んだかということを、お話しします。

自宅でできるお仕事

昔から手作業、それも単純作業が好きだった私は、工場でケーキにチョコの飾りをひたすらのせる仕事もやったことがありました。

次女を産んでからは時給単価が高めの事務職に就くことができたのですが、それでも生活費が足りなくて、自宅でできる副業を探しました。

 

はじめはポケットティッシュに広告を詰める内職を探し、業者に問い合わせもしてみたけど、「猫を飼っている」という理由で断られちゃいました。

どんな内職でも、商品を自宅に引き取って作業が終わったら業者に返還するという流れですので、「猫がいる限り副業できないやーん」と思いました。猫と離れることはできません。家族なので。

 

困ったなぁとYahoo!で「主婦」「自宅」「副業」というキーワードで検索してみると、クラウドワークスでライター案件を継続して引き受けている方のブログに出会い、自分の文章を売る仕事が存在するのだと知りました。

 

特別なスキルはいらない。
パソコンがあればいつでもどこでも仕事ができる。
初心者でも簡単にできる。

頑張り次第でお金が稼げる。

 

魅力的な言葉で紹介されているクラウドワークスは、なんの取り柄もない子持ち主婦にとって夢の世界のように感じました。

案件の決め手はサンプル記事作成

クラウドワークスには、常時数千のライティング案件が募集されています。

 

単価はタスク案件だと数十円。長期契約のものだと、初心者OKの案件でも1記事300円だったりします。

300円なら、10記事で3000円。100記事で30000円。うほうほです。

 

是非ともお仕事くださいなって感じでしたが、初心者からみると募集が多すぎでどれを選んだらいいのか、とても迷いました。

気が付いたことは、仕事の詳細に書かれている文章のまるっきり同じ案件が、たくさん存在しているということです。

 

■募集条件
・1日1〜3記事作成が可能な方
※急用などで納品できない場合はこの限りではありません。
※まとめての納品も可能です。
例、月曜日に3記事納品し、火・水は納品なしなど。

↑ これは募集要項の一部ですが、「急用などで納品できない場合はこの限りではありません」という一文などは、これまで生きてきて出会ったことのない言い回しなのに、たくさんのクライアントさんが使っています。

 

なんだか機械的で、少し怖く感じました。

たぶん、掲示板に同じ書き込みが乱列している「スパム」を見た時のような感覚です。

 

私が選んだお仕事もよく見かける募集文章で、単価だってけして高くはありませんでした。でも、他の募集とは違う部分がありました。

サンプルを提出し、添削し、その後で仕事を任せるかどうか決定するというのです。

 

文章でお金を稼ぐ仕事は、初心者にとって敷居が高いです。書いてみないと自分にできるかどうかわからないし、仕事をもらってから「やっぱりできません」というのは、大人としてイカンだろうと思います。

 

サンプルを読んでもらって、私の実力で仕事がこなせるのか考えてもらいたい。ダメならハッキリ断ってもらいたい。なんならどうしたらライターの仕事が貰えるようになるのか、修正点も教えてもらいたい。

謙虚さと図々しさを抱えつつ、募集にエントリーして、その日のうちのサンプルを提出しました。

あなたのために記事を書きます

サンプルのお題は「衣替え 秋」でした。文字数は1600文字以上。そういう感じですかーとビビりまくり。

 

自分の体験と、ネットで検索した衣替えに関する情報を集めて書いた記事……  600字程度で完了しました( ゚Д゚)

 

今だったらターゲットを絞り込み、その人に向けて役に立つ情報をまとめようとか考えられます。独身女性と小さな子供を持つママでは、やり方も違ってくるでしょう。

「誰に向けて書けばいいのか?」そこは初めから気になっていたのですが、指定がないので、誰が読んでもいいような文章を書かないといけないと思いました。

そうなると……   天気のよい日に衣替えしましょう。みたいな。終わり。

 

1600字書く約束なので、後半は秋の味覚・栗の話を盛り込みました。「話は変わりますが、マロングラッセって美味しいですよね」みたいな。

くそです。話変えてんじゃねぇって感じです。

 

文字数も結局1200文字程度だったけど、これ以上頑張っても秋の味覚の話しか出てこないと思い、そのままクライアントに提出。

誰に向けて書いたら良かったのか、そこだけが気になっていたので、今更ですが質問もさせていただきました。

もうダメ元です。お忙しい中あんなの読ませてしまい、大変申し訳なかったです。

 

クライアントからの返答は翌日来ました。

 

 

「あなたにお任せします」

「文字数が足りない場合、報酬をお支払いできません」
「疑問に思う、その視点があれば、ユーザーが求める記事を書けるようになりますよ」
「よろしくお願いします」

 

わっ わたし選ばれたっ!!!!!!!!!!

ホリプロスカウトキャラバンに優勝した感じです。私に仕事をくれました。私の記事を読んでくれました。私の記事が、誰かの役にたつかもしれない。

 

クライアント様がユーザーが求める記事を書いてほしいと願うなら、
私はユーザーが求める記事を書けるように努力します。

私はあなたのために記事を書きます。

 

それから数ヵ月間に渡り、ライティングにおける基礎的な部分を教えていただきながら、記事を書きつづけました。このブログを読んでいただけばわかると思いますが、私にはたいしたライティング力がありません。

でも、とにかく自分の想いを文章にするのは楽しくて、毎日記事を書き、徹夜することもありました。

 

クライアント様が仕事をくださったことに感謝してます。報酬をくださったことに感謝してます。記事を書く楽しさを教えていただいたこと、一生忘れません。

ライターになったのは

2013年の夏、我が家の家計は火の車でした。

 

夫の仕事は製造業で、原料価格の変動によって収益に大きな影響を受けるようです(よくわからないけど)

夫の給料は、結婚当初の半分程度になりました。その間二人の娘も生まれ、認可保育園が定員オーバーで入れず、無認可保育園に月10万円の保育料を支払いながら共働きをしました。

 

私の給料は手取り16万程度です。半分以上保育料でなくなります。

少しずつ減る貯金に不安を抱えながら暮らしていた、そんなある日、父の腎臓病が悪化して長期入院することになりました。

 

病院は自宅の最寄駅から30分程度。乗り換え1回。片道400円程度。往復だと800円。

800円のお金を、毎日捻出することは難しいです。お金がないんです。

 

また、仕事帰りに保育園へお迎えにいける時間は夕方6時過ぎで、その足で病院にお見舞いへ行くとなると、帰宅する時間は9時頃になります。

それからご飯食べてお風呂に入って… 幼児にとって良い生活環境とはいえません。平日2回、土日で1回、お見舞いに行くことにしました。

 

お見舞いに行きたくてもお金も時間もなくて、本業の職場は地獄のように居心地が悪くて、父の容体はどんどん悪くなって、もう何がなんだかわかりませんでした。

まず、お金を作ろうと考えた私は、内職を探し始め、クラウドワークスにたどり着いたのです。

 

ライターとして雇ってもらった2週間後、父は息を引き取りました。

 

目的を失ってしまったわけですが、せっかく採用してもらったお仕事ですし、父が死んだ悲しさを紛らわせるために何でもいいから打ち込めるものが欲しかったので、ライターを続けることにしました。

 

私はその経験をいかし、今では自分でブログを運営し、アドセンス報酬を受け取っています。

外注は害虫ではなく、人間です

だから何だという話です。

 

外注の都合など、気持ちなど、クライアント様には関係ありません。

求める質の記事を、納期内にしっかりと納めてくれればいいでしょう。

 

私があなたにお伝えしたかったのは、ど素人で文才が無くても、少ない報酬でも、とにかく仕事がもらえるということがとてもありがたかったといういうことです。

自宅でできる仕事を求めている人間には、何かしらの理由があるはずです。

 

軽い小遣い稼ぎかもしれません。私と同じように、生活苦でガチで困っている方もいると思います。ライター経験や専門知識を活かして、スキルをさらに磨くために仕事を求めているかもしれません。

 

あなたが与えた仕事がきっかけで、その後の生活が大きく変わることもあります。良い方向に。外注さんも、あなたも。

 

素人ライターの記事はくそでしょう。イラつくでしょう。

でも、ほんのちょっとだけ心を広く持って、相手も人間なのだと認識して、あなたも人間として対応をして欲しいのです。

 

具体的に、あなたが何を求めていて相手にどういう記事を書いて欲しいのか、時間をかけて伝えてあげてください。ライターを育ててください。

期待に応えられかはわかりませんが、熱意は必ず伝わるはずです。

きっと伝わります。伝わらないのなら、相性が悪かったのだとスッパリ別れてしまった方がお互いの為だと思います。

 

父の入院がキッカケでアフィリサイトに携わるようになったこともあり、記事を書くこと自体が「心の支え」になってしまった私だから、外注さんに頑張ってもらいたいと願うのでしょう。独りよがりな願いです。

 

少し前に、ネトビジュというブログを運営なさっている桜井さんが、ブログ内でライターを募集されていることを知り、思わずメールで問い合わせしちゃいました。

ライターを育てるというスタンスで募集されているのを初めて見かけたので、かなり衝撃を受けました(他のアフィリエイターさんもやっているかもしれません)

桜井さんは、やはりコミュニケーションを大切になさっていて、それにより仕上がる記事の質も変わってくるとご回答くださいました。感謝しています。

そんなクライアント様に出会えたなら、ライターの未来もずっと明るくなります。スキルもやる気も、きっと向上します。

 

私はたぶん、良いクライアントにはなれません。他人に感情移入しすぎてしまい、自分の目的を果たすことができなそうだから。

あなたには、良い外注さんと出会い良い記事を生み出し、たくさんのユーザーさんに喜ばれるサイトを作っていただきたいです。

 

あなたに良い出会いがありますように。
たくさんの成果が上がりますように。

ライターさんの未来が、明るくなりますように。

そう願っています。

 - アフィリエイト

  関連記事

アフィロックの向こう側。

ここからはじまる アフィリエイトドリーム…!! (*画像をクリックするとアフィロ …

まごころSEOの全て。私が書いているのはこれだけ。

「まごころ」ってなぁに。 まごころとは、嘘や偽りのない真実の心という意味だそうで …

Twitter飲み会にアフィリエイター集まり過ぎ!リンク イズ ジャスティスなレオナイト【前編】

仕事辞めて3㎏太ったpingaです。こんにちわいん。 今頃ですが2月13日に渋谷 …

Twitter飲み会にアフィリエイター集まり過ぎ!リンク イズ ジャスティスなレオナイト【後編】

前回に引き続き、2月13日に行われたTwitter飲み会レポです。もう、いいです …

Re: マリカー大会の件

違うよ!忘れてたとかじゃ全然なくて! とくに忙しかったわけでもないし、普通に生き …